本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。
レーザートーニングをモニター価格で 顔全体1980円

肝斑・シミ・くすみにレーザートーニング メドライトC6

  • 肝斑も肌質も改善する新レーザー治療

レーザートーニングとは?

レーザートーニングは、メドライト(Q スイッチ Nd:YAG レーザー)という 医療用のレーザー機器を使用し た新しい治療法です。 非常に弱いパワーでレーザーを当てて、肌に余計な刺激を与えることなく、 蓄積したメラニンを少しづつ 減らしていきます。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。

治療が難しかった肝斑に画期的効果をもたらす新レーザー

今までのレーザーでは治療できなかった肝斑に効果を発揮する新しい治療法です。
肌の中に滞留しているメラニンに対しておだやかに働きかけるために、 悪化させることなく肝斑を薄くしてゆきます。

色ムラのない均一な肌トーンが美肌の決め手。美しさが飛躍的にアップします。

レーザートーニングは肝斑だけではなく、シミやくすみなどの色ムラも改善し、 明るく透き通るような肌に導きます。 開いた毛穴にも効果を発揮し、ピンとハリのある、キメ細やかな肌へと整えます。

こんな症状に

肝斑 シミ 色素沈着 毛穴 くすみ

シミが出来るメカニズム

シミのもとであるメラニンは、メラノサイトという細胞から作られます。 メラニンは細胞やDNAを壊して しまう紫外線から肌を守る役目を持っています。
普通は、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)によって約4週間で皮膚の表面に 押し上げられ排出されます。
ところが、紫外線を浴びたり刺激が加わると、メラノサイトが活性化して、 メラニンがどんどん作られてしまいます。 また、老化や不規則な生活などによって肌の生まれ変わりのサイクルがのびてしまうと、 メラニンが肌の中にとどまり蓄積してしまうことになります。 これが茶色や黒っぽく見えるシミの正体です。

メラニンができてしまう主な理由

  1. メラノサイトがメラニンを次々に作ってしまう
    紫外線 炎症 ニキビ 触りすぎ 女性ホルモン
  2. ターンオーバー(肌の生まれ変わり)がスムーズにいかず、 メラニンが排出されずに蓄積されてしまう
    加齢 紫外線 ストレス 睡眠不足 喫煙

肝斑とは

肝斑(かんぱん)は、一般的に 30〜40 代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。
原因はまだ明らかになってませんが、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけに あらわれることがあることから女性ホルモンが関与していると言われています。
完治させる治療法は残念ながらありませんが、レーザートーニングをはじめ、 トラネキサム酸やビタミン C などのみ薬やぬり薬、イオン導入、ピーリング、 また美白化粧品などを組み合わせ、よい状態を保ち ながら長くつき合っていくことが大切です。
また、日々のケアや紫外線対策を心がけないと、 肝斑だけでなく新たなシミを作ることになりますので、注意しましょう。

従来のレーザーでは悪化することも

肝斑はシミなのだからレーザーで治療できるのでは? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、肝斑)の場合、シミ用のレーザーで治療すると、 メラノサイトを刺激することで 逆に症状を悪化させてしまうことがあります。 そのため肝斑にはシミ専用のレーザー治療は禁忌 とされてきました。
しかし、今まで治りにくいとされてきた肝斑にも効果が期待できる画期的な治療法が誕生しました。
それがメドライトによる「レーザートーニング」です。

レーザートーニングの秘密

レーザーを均一に照射できる

通常、シミ治療で使用されているレーザーのビーム(照射したときのレーザー光)は、 ガウシアン型と呼ばれる山の形をしています。 これは、ビームの中心が最もエネルギーが強く、中心から離れるにつれてだんだん弱くなってゆきます。 このため、肝斑にこのタイプのレーザーを照射すると、 エネルギーの強す ぎる中心部は炎症を起こして悪化する恐れが生じます。 反対に周辺部ではエネルギーが弱すぎて効果があまり期待できないという欠点がありました。
これに対し、レーザートーニングで使用する「メドライト」のビームは、 トップハット型と呼ばれる平らなレーザービームなので、強弱の差がなく、 均一にムラなくエネルギーを届けることが可能になったのです。

低出力で炎症が起こりにくい

メドライトのQスイッチYAGレーザーは、 もともとシミ治療でよく使われているベーシックなレーザーです。
シミ治療の場合、シミの部分に限定してレーザーを当てます。
治療後はかさぶたになるため、ばんそうこうなどで 1 週間ほど保護する必要があります。 ところが肝斑の場合は、ちょっとした刺激によってメラノサイトが活性化しやすい状態になっていますので、 今までと同じようにレーザー治療をすると悪化させることがあります。
レーザートーニング治療では、広範囲に弱いパワーでレーザーを当てるため、 メラノサイトを活性化さ せる原因となる刺激を起こさせることなく、 メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。

症例写真



施術の流れ

ご予約
お電話にてお問い合わせください。
カウンセリング
施術についての注意事項とご説明をさせていただきます。
洗顔
診察前に洗顔とクレンジングを行い、メイクや汚れをしっかりと落していただきます。
診察
しみ、あざの状態や大きさを確認します。
施術

肌質や症状に合わせて適切なエネルギーを設定し、テスト照射を行います。

照射

パチパチとした軽い刺激を感じます。
麻酔の必要はありませんが、耐えられない場合は仰ってください。
通常、15 分程度で終了します。
照射後は洗顔をした後、通常どおりメイクアップをしてお帰りいただけます。

施術後の注意事項
  • レーザートーニングは、1回で改善する治療ではなく、 治療回数を重ねて少しずつ肝斑やシミをうすくしてゆくタイプの治療です。 個人差がありますが、2〜3 回目くらいから肌に透明感が出たことを実感していただけると思います。
    肌の状態や医師の判断によって異なりますが、一般的な目安としては、週 1 回、 合計 5〜10 回程度の治療を行うケースが多いです。 その経過の中で、肝斑やシミが うすくなっていくのを実感されるという方がほとんどです。
  • 治療後に軽い赤みが出る方もいらっしゃいますが、通常数時間後には赤みがおさまります。
    気になる方は医師にご相談ください。
  • 治療の直後は、肌が紫外線によるダメージを受けやすい状態になっていますので、 日中は必ず日焼け止めをご使用ください。
    また、肝斑は刺激を与えることで悪化することもありますので、 洗顔やメイクで強くさわったりこすったりしないように注意してください。 その他、医師の指示があればそれに従ってください。
  • 治療には副作用が発症する可能性もあることをご理解いただいた上で治療をお受けください。
  • 治療効果が御期待に添えない場合や副作用が発症した場合でも治療費の返還はありません。 また、 副作用にかかる治療費は患者様ご本人のご負担になりますことをご了承ください。
メドライトの施術価格はこちら
レーザートーニングをモニター価格で 顔全体1980円
  • 無料カウンセリング受付中! WEB予約
  • 話題の施術が特別価格! 施術メニュー
  • 組み合わせ値引きもございます! 料金一覧
  • 吉祥寺駅近くで気軽に通える! クリニック紹介
  • 医療レーザー脱毛 全身 38,000円(税込)
  • レーザートーニング 初回 4,800円(税込)
  • テノール 顔+首 9,800円(税込)
  • ウルトラアクセント 19,800円(税込)
  • スタッフブログ
  • レーザートーニングをモニター価格で 顔全体1980円
  •  
    PAGE TOP